山崎喜胤 顔画像!20年以上息子を檻に監禁!妻や家族は?なぜバレた?兵庫県三田市

シェアする

追記:4月9日 (被害男性はほぼ失明状態だった)

兵庫県三田市の山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)が、自分の息子(42)を20年以上狭い檻に監禁していたとして逮捕されました。

妻や他の家族は同意していたのでしょうか?

監禁した理由を知ると、そこには絶望しかありませんでした…。

スポンサーリンク



■事件の概要


いったいこの家族の間で何があったのでしょう?

よっぽどの理由がない限り、実の息子を狭い檻に監禁するなど起りえないはずです。

順々に、この事件の真実を紐解いていきましょう。

兵庫県三田(さんだ)市で精神障害があるとみられる長男(42)を自宅に隣接するプレハブ内の檻(おり)に閉じ込めたとして、兵庫県警は7日、父親で無職の山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)=同市広沢=を監禁容疑で逮捕した。

山崎容疑者は「長男が暴れるから閉じ込めた」と容疑を認めており、監禁した期間は20年以上とみられる。

引用:毎日新聞

>>妻を実家に埋めた弥谷鷹仁の真相!学歴や経歴、きらぼし銀行での評判が発覚?

弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
8/4追記:殺害前に穴をほっていたことが判明 3月に千葉県柏市で女性が行方不明になった事件がまさかの結果に…。 なんと、女性の夫である弥谷鷹仁(やたに たかひと)容疑者とその母である弥谷恵美容疑者が逮捕されました。 遺体発見現場となった容疑者の実家住所や、弥谷鷹仁容疑者の学歴や経歴を特定?

山崎喜胤 プロフィールや顔画像

ネットの情報を元に、容疑者であり被害男性の父親である山崎喜胤容疑者のプロフィールを作成しました。

名前 山崎 喜胤(やまざき よしたね)
年齢 73歳
住所 兵庫県三田市広沢
職業 無職(年金受給)

続いて、山崎容疑者の顔画像についてです。

現在、どの大手メディアでも容疑者の顔画像の公開などはされていないようです。

新たな情報が入り次第、追記していきます。

新たな情報を得るためにFacebookやSNSの調査をしました。

本人の物と断定できるアカウントは発見できませんでした。

高齢な事もあり、SNSアカウントなどはもともと持っていなかったのかもしれません。

参考までに、Facebookでの検索結果はこちらです。

スポンサーリンク



■事件の概要

■家族構成

山崎容疑者と被害男性(42歳の息子)の他の家族構成はどうなっていたのでしょう?

報道によると、

・山崎喜胤容疑者(父)

・被害男性(息子 42歳)

・娘(福祉の対応がいる状態)

で暮らしていたようです。

もともと容疑者の妻もいらっしゃったようですが、1月下旬に亡くなってしまったようです。

■事件現場

事件現場は山崎容疑者と檻に閉じ込められた息子と、その他家族が住んでいる自宅です。

報道により

・兵庫県三田市広沢(住所)

・事件現場(容疑者宅)の写真

が公開されています。

こちらが事件現場の写真です。

そして、男性が閉じ込められていた、自宅敷地内のプレハブ小屋がこちらです。


引用:毎日新聞

地図による大まかな位置はこちらです。

このプレハブ小屋の中に、更に小さな檻を設置し、その中で男性は20年以上生活していた模様です…。

想像しただけでゾッとしてしまいますね…。

男性が閉じ込められてた檻とは、どんな物、環境だったのでしょう?

こちらも調査しました。

スポンサーリンク



■事件の概要

■閉じ込めていた檻の環境。恐ろしすぎる…。


引用:読売新聞

こちらが、男性が生活していた檻の様子です。

木製の檻を作成したようです。

高さ約1メートル、ギリギリ膝立ちができるかどうかの高さですね…。

職員が同月18日に訪問し、男性が木製の檻(高さ約1メートル、幅約1・8メートル、奥行き約90センチ)の中にいるのを確認。檻は格子状で家族が作ったとみられる。

プレハブ内にはエアコンが設置されていたが、檻の出入り口には南京錠があり、中に汚物用のシートが敷かれていた。

市などによると、男性が10歳代後半の頃、父親がプレハブ小屋を設置。

食事の時は檻から出して母屋で食べさせ、入浴もさせていたが、家族が外出する際などは、檻に入れていた。

男性は保護された後、病院で診断を受けたが、健康上の問題はないという。

引用:読売新聞

想像を絶する環境ですね…。

こんな環境で20年以上生活させられたらと想像すると、誰でも絶望を感じてしまうのでは無ないでしょうか?

ですが、疑問が残ることも。

それは男性を監禁してはいるが、エアコンを設置したり、食事や入浴はしっかりとさせている点。

虐待目的や憎しみの為に監禁したのなら、もっともっと劣悪な環境にしているはず。

食事も与えていたようですし、生活に配慮をしているようにさえ感じます…。

一体、何故なのでしょう?

それには、男性が監禁されるに至った本当の理由があったようです。

これを聞くと、この処置もやむを得ない気もしてしまいます…。

スポンサーリンク



■事件の概要

■監禁した本当の理由…

山崎容疑者とその家族が男性を監禁したのには、やむを得ない理由があったから、とも言われています。

その理由がこちらの報道です。

山崎容疑者の市への説明によると、三田市に転居してきた1990年代前半から長男が暴れたり叫んだりするようになり、近所から何度も苦情を受けた。

仕事に出かけると家族では対応しきれず、プレハブを建てて一人で過ごさせた。

それでも壁をたたいて窓ガラスを割ることもあり、壁に手が届かないようにとプレハブの中央に檻をつくって入れたという。

引用:毎日新聞

「長男には精神疾患があり、16歳ごろからおりに入れて生活させていた」と説明。

「2日に1回、ご飯を食べさせ、風呂に入れていた」とも話したという。

引用:西日本新聞

しっかりと人として接して出来る限り一緒に生活をしたいと思いつつも、精神疾患や暴れることも多く、本当に仕方がなかったというところでしょうか?

行政や福祉サービスに頼れば良かったのに、という意見もありましたが…。

現在と20年以上前とでは精神疾患者に対する保護のあり方も違い、息子を酷い目に遭わせたくないという親心もあったのでは?とも言われています。

スポンサーリンク



■事件の概要

■事件の時系列まとめ

1991年6月

山崎容疑者と被害男性含む家族で、大阪府から兵庫県三田市に転居。

この頃から長男が暴れるようになる。

1年後の1992年ごろ

長男が窓ガラスを割ったりするようになり、耐えられなくなり監禁しはじめる。

「当時は家の2階を長男の部屋とし、窓の内側に柵を取り付けて
窓ガラスを割ったりしないようにしていた。

でも、暴れて、壁や食器棚、窓を壊すなどして耐えられなかった。

近所から迷惑だと怒られたこともあったし、もしも長男が外に出て
誰かを傷つけてもいけないと考え、プレハブの中に檻を作って入れた。
仕方がなかった」

その後、監禁生活は25,6年続くこととなる。

2018年1月16日

山崎容疑者が、息子の事を市に打ち明け、事件が発覚。

妻が退院し、自宅療養をさせるために行政に相談。

その際に息子を閉じ込めていることも一緒に伝えた。

その後、1月下旬、妻は亡くなった。

1月18日~22日

報告を受けた職員が現場を訪れ、状況を確認。

市は虐待と判断、1月22日に息子を福祉施設に入所させる。

健康状態に問題はなし。

2月21日

デリケートな事件として経過観察が必要と判断し、事件から約一ヶ月に三田署に連絡。

4月7日

自宅で息子を監禁した容疑で、山崎喜胤(よしたね)容疑者を逮捕。

息子の存在は近所の人間も知らなかったようで、周囲の人も事件の内容に驚く。

スポンサーリンク



■事件の概要

失明していたことが判明…(4/9追記)

兵庫県三田(さんだ)市の精神疾患がある男性(42)が自宅敷地内の檻(おり)に監禁されていた事件で、男性が片方の目を失明し、もう片方もほぼ見えない状態であることが、捜査関係者への取材でわかった。

男性は16歳の頃から25年以上、檻で生活させられていたという。

県警は、長期にわたる監禁の影響で病気になり、視力を失った可能性があるとみて、父親の無職山崎喜胤(よしたね)容疑者(73)(監禁容疑で逮捕)を傷害容疑などでも調べる。

引用:読売新聞

これは酷いですね…。

失明するほどに檻の中の衛生状態が良くなかったという事なのか?

これでは虐待する意図はなかったという山崎容疑者の主張も信じられなくなってしまいますね…。

次々明らかになる情報に悪い意味で驚きを隠せません。

もっと良い対処法はなかったのでしょうか?

スポンサーリンク



■事件の概要

■ネットの反応

この事件は、本当に賛否両論さまざまな意見が交わされています。
近頃起きた他の監禁のニュースとも内容も違い、複雑な感情を抱く方が多いようです…。

皆様はどんな意見を持たれたでしょうか?

暴れるのが事実なら仕方ないような気がしないでもない 
福祉に頼ればよかったのに

今でこそ福祉でなんとかなるが 
20年以上前の精神障害者への福祉てそんなに充実してないし 
その時代の精神病院て刑務所より劣悪だよ 
暴れるタイプの精神病患者は基本拘束し続けて急性腎不全にして死なせてた 
腎臓病の医者が昔は拘束で腎不全の患者が急患で運ばれては大量に死んでたと言ってたよ 
当時の精神病院の劣悪さ考えたら親が息子が可哀想で精神病の子供自宅監禁する気持ち分かる 
今と20年以上昔じゃ精神医療のあり方が大分違うじゃん

引用:http://newsplusalpha.net/archives/8272761.html

ある意味で父親の行為は正しいですよ
どんな障害かはわかりませんが
障害の種類によっては外に出したら周りの人に迷惑をかけたり危険を与えたりします
それに障害者本人も事故等の危険に遭遇します
だから
父親の行為はもしかしたら障害のある我が子を安全に少しでも長生きさせて周りの人にも配慮した善意の行為だったと考えられます

引用:Yahoo!ニュース

父親は、今の時代だからこそ相談できたのだと思う。

引用:Yahoo!ニュース

どんな事情があっても、監禁やそれに近い状態に陥らせていた事へは賛同できないな…。

もっと他に対処の仕方があったはず。

もっと早めに相談していれば、1人の男性の時間が奪われることは無かったはず。

■こちらも読まれています

弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
8/4追記:殺害前に穴をほっていたことが判明 3月に千葉県柏市で女性が行方不明になった事件がまさかの結果に…。 なんと、女性の夫である弥谷鷹仁(やたに たかひと)容疑者とその母である弥谷恵美容疑者が逮捕されました。 遺体発見現場となった容疑者の実家住所や、弥谷鷹仁容疑者の学歴や経歴を特定?
堤義道 顔画像!模造刀で殺人未遂、あおり運転男の末路。まるでVシネマ…。愛知県日進市 東名高速道
堤義道 顔画像!模造刀で殺人未遂、あおり運転男の末路。まるでVシネマ…。愛知県日進市 東名高速道
2月末、危険運転の末に模造刀で男性を刺し逃走した男が逮捕されました! 堤義道容疑者の詳しいプロフィール、手口の全容が明らかになりました。 模造刀を片手に凄む姿は、何とも言えない迫力…。
秋山烈 顔画像!永松徳也さん殺人事件、新たな逮捕者…熊本市中央区の雑居ビルで
秋山烈 顔画像!永松徳也さん殺人事件、新たな逮捕者…熊本市中央区の雑居ビルで
追記:3月27日 九州は何かと物騒な事件がおこりがちな気がしますが、気のせいでしょうか…? 熊本市中央区の飲食店経営、秋山烈(あきら)容疑者が永松徳也さんを殴り死なせたとして逮捕されました。 殺人を起こしてから逮捕された経緯が、なんともお粗末でした…。

シェアする

フォローする