山Pと石原さとみの破局報道が流れた「本当の理由」がエグすぎる…。

シェアする

以前より順調な交際ぶりだった山Pと石原さとみ。

それが一転破局報道が流れたが、裏側ではとんでもないことが起きていたみたいです。

深田恭子、亀梨和也も関係しているようで…。

スポンサーリンク



■二人は2015年頃から交際していたが…

二人の出会いは2015年のドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」で共演した頃からのようです。

どちらからアプローチしたというわけでもなく、お互いが自然に好きになっていったんだとか。

二人ともに人気なので、デートなどはあまりせずだが愛を温めていた。

しかしここに来て破局報道が流れました。

それが2017年の9月。

しかし二人の破局説を報じたのは「女性セブン」

ただジャニーズ事務所と女性セブンはいわば懇意的な仲で有名であり、

報道を鵜呑みにするのは危険…。

破局理由としては「忙しくすれ違いが多く、けじめとして別れた」

あまりにもジャニーズ事務所が望みそうな理由…。

疑いの目で情報を集めた結果、やはり二人は別れていないらしく、しかもWデートする姿までキャッチされているらしい!

■深キョンの家で夜な夜な…。

「実は最近、深田恭子の家に山Pと石原が遊びに来ているんです。そして、その日は深田と付き合っているKAT-TUNの亀梨和也まで来て、W家デートという形になり、すごく盛り上がったとか。つまり、破局なんかしていないんですよ」
出典:https://gunosy.com/articles/RNuYL

2005年に「野ブタをプロデュース」で共演して以来仲の良い亀梨くんと山P。

亀梨くんが交際している深田恭子さんのお家でWデートを目撃されているらしい。

深田恭子さんが34歳で、石原さとみさんが30歳。

二人共、女性としてはそろそろ結婚して落ち着きたいタイミング。

ですがジャニーズ事務所が結婚に厳しいのは言うまでもありません。。。

今までは漏れなく、ジャニーズ所属タレントと噂のあった女性芸能人は芸能界を干されてきました。

このままでは両カップルの結婚は危ういのでは…。

スポンサーリンク



■ジャニーズ事務所が変化??

しかしここで、今回の破局説に意義を唱える声が多いのが、ジャニーズ事務所が以前と変わってきているのでは?という所からくるのです。

先日元SMAPが退所しましたが、その時のジャニーズ事務所の対応があまりに酷く、世間からは「ブラック企業」扱いされています。

これ以上の世間からのイメージダウンと、所属タレントの流出を避けたい事務所の意向から、

タレントに対しての結婚に対してのルールを軟化させているそう。

「元SMAPの3人が退所しましたが、事務所としてはこれ以上タレントを脱退させたくないんです。

というのも、SMAP解散騒動のとき、不用意な締め付けのせいでネット上では『ブラック企業』とのレッテルを貼られてしまいましたからね。
これに、メリー喜多川が弱ってしまった。

今回、所属タレント2人が“結果的”に石原と深田をもてあそんだ形となってしまえば、再びブラック呼ばわりされることでしょう。そこで、タレントの結婚についても、“一定の年齢になったら本人の意思に任せる”という方針に舵を切ったそうです」(芸能関係者)

つまり、今回の破局報道は二人から目を逸らさせるための目くらましでジャニーズ事務所も公認で流したという説があるのです。

もしかしたら破局報道の裏で、ゆっくりと結婚への準備を進めているのかもしれません。

■石原さとみは干される覚悟をしていた?

破局説に意義を唱えるには、もう1つ理由があります。

石原さんは以前テレビ番組のインタビューでこう答えています。

誕生日の少し前に石原さんがバラエティー番組に出たとき、

「看護師さんになりたいんです。もし(芸能界を)干されたら」と意味深に明かしたことも。

「”ジャニーズアイドルと結婚したら、芸能活動を続けられなくなるからだろう”と、本気度が伝わっていました」
出典:https://www.news-postseven.com/archives/20170916_613018.html

これが山Pとの結婚を意識しての発言だと思うと、今ある人気や立ち位置を全て捨ててでも結婚したいという決意の表れともとれますよね。

これほど決意した石原さんが「多忙ですれ違うから別れる」なんてならないでしょう。

■二人の今後は…

以上の理由から、今回の破局報道は真実ではなく、二人の交際は今も順調に続いているのではと予想できます!

時代の流れに併せてジャニーズ事務所や芸能界も変化しているし、世間の声としても石原さとみさんと山下智久さんの交際は後押しされていると思うので、遠くないうちに幸せな報道を聞ける日がくるかもしれませんね!

そっと見守りましょう!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする