あなたもしてるかも?お金の貯まらない人の8つの行動!

シェアする

「節約もしてるのに、お金がなかなか貯まらない・・・。」

「もう少し収入が上がれば、貯金できるのに…」そう思っていたら、大間違いかもしれません!

あなたは知らず知らずのうちに、「お金のたまらない行動」を積み重ねてしまっているのかもしれません。


スポンサーリンク




一体お金の貯まらない行動とは、どういうことでしょう??

その話にはいる前に、収入と貯蓄の関係について。

多くの皆様は収入が多いと貯蓄額も多い、そう思いがちですが、案外そうでもないのです。

年収1000万円以上なのに、貯蓄はほぼ無し…という方もザラではありません。

逆に年収400万に満たなくとも1000万円貯めた方もいるのです。

収入に限らず、お金を貯められる人は自然となのか意識してなのかはそれぞれですが、

「お金の貯まる行動」

が身についていると言えます。

では、全く逆である「お金のたまらない行動」が身についてしまっている人は…

お金を貯められる人になるためにも、お金のたまらないNG行動がどういったものか、紐解いてみましょう。

1,こまめにATMでお金を降ろしている

これは一見すると計画的で良い行動に見えますが、降ろし方によるのです。

実は「お金が無くなったら降ろす」派の人は非常にまずいです。

これは「無計画にお金を使ってししまう人」、「生活をする上で自分が月に幾ら必要か把握できていない」ということの裏返しでもあります。

貯蓄が得意な方に聞くと、ATMでのお金の降ろし方のコツは

「週初めの月曜日に◯万円降ろして、2週間そのお金で過ごす。」

これを2回繰り返すとちょうど1ヶ月過ごすことになりますね。

このように自分の中で降ろす金額と過ごす日数を決めその金額内で生活する習慣を身につける事が大事です。

2.ついついコンビニに行ってしまう

欲しい物も無いのに、仕事っ帰りには毎日コンビニに寄ってしまう…。

こんな方は結構多いのではないでしょうか?

なんとなく新商品のお菓子やコーヒー買い、今日は疲れたからビールを買い…。

1回の出費は数百円かもしれません。ですが1ヶ月単位で見るとこれって数千円、下手すると万単位の無駄な出費になってしまうのです。

この曜日はコンビニに行かない、買う前に、本当に今手に取った商品が必要なのかしっかり考える。などして無駄にコンビニに足を運ぶ習慣を無くしましょう。

やはりお金の貯まる人はコンビニに行く習慣がそれほど無い方が多いです。

1週間に必要な物や食品を計算して、スーパーなどで1度の買い物で揃える。

こうすることで時間もお金も節約することができますね。

3.安いからとまとめ買いをしがち

安いもの、お得な物を見抜く力はとても大事です。

ですが安いしあれもこれも・・・と必要ないものを買ってしまっては、それはただの無駄遣いです。 食材なども安くまとめ買いをできても使いきらず腐らせてしまったら勿体無いですし、結果損をしてしまいます。

貯蓄が不得意な人はこういった購入の仕方をしてしまいがちです。

心がけることは「必要なときに、必要な分だけ」です。

これができれば、安いスーパーまで歩かずとも、結果的に節約ができ貯蓄できるのです。 

4.「セール」や「無料」「期間限定」などの言葉に弱い

こういった言葉に弱く、「今買わなきゃ損かも・・・」と考えてしまう人は

お金を無駄に使ってしまう傾向が強いです。

前項と似ていますが甘いセールストークや購入欲に負けずに「本当に今それ必要?」

と自分に問いかけてみましょう。

欲しいと思ったものもまずは1~2日我慢してみましょう。それでも欲しい!と思えたものだけ購入するようにしましょう!  

スポンサーリンク




5.クレジット払いが多い、または金額を把握していない

ポイントが付与されるクレジットカードを賢く使っている方は別なのですが、

自分の月々の支払い金額を把握できていない方、今月いくらほどクレジットで支払いをしたか把握できない方はクレジットを使うのは要注意です。

クレジットでの買い物はお金を使っている感覚が薄れてしまい、ついつい無駄な買い物をしてしまいがちです。

翌月のカード請求の金額に1度でも焦りを覚えたことのある方は要注意です。

そういった方は、まずはお金を使っている感覚を持つためにクレジット払いを一度辞める。

またはクレジット払いの履歴をスマホとひも付けできるアプリなどがあるので、それらを有効活用して自分が月にクレジット払いをしてもいい上限の設定して、現在いくら使っているかを必ず把握するようにしましょう。

6.短距離でもタクシーをついつい使ってしまう

歩いても行ける場所、電車で移動できる場所なのにタクシーを使ってしまう

今日は疲れたからいいや・・・なんて方は改めましょう。

残念ながら、短距離移動でもついついタクシーを使ってしまう方は、浪費癖があり、計画性に欠けているといえます。

やはりお金を貯められる人は無駄にタクシーを使ったりしないようです。

早めの行動を心がけると、タクシーを使用する回数も減りますし、計画的に動く気持ちも生まれます。

これだけで月に数千円~1万数千円違ってきます。

今までタクシーに費やしていた金額をまるっと貯金してやる!くらいの気持ちでいきましょう。

7.自己投資、という言葉に反応してしまう

自分を成長させるためにも自己投資は大事です。

ですが、なんでも高いもの、良い物を使うのが自己投資でもありません。

良い物に触れることは大切ですが、高い買い物ばかりしていては生活コストがかさんで家計を圧迫してしまいます。

年収1000万円あったとしても、自己投資という名のプチ贅沢を繰り返していれば、お金はあっという間に無くなってしまいます。

「本当に必要な自己投資」と、「必要でない自己投資=必要のない贅沢」

の区別をしっかりつけましょう。

意外ですが、世界のお金持ちや投資家など財がある人たちは、お金を使う必要のない分野には、一切手を出しません。  

8.部屋が散らかりがち

貯蓄とは一見無関係のように思えますが、実は関係があるのです。

部屋の片付けができない、生活が不規則、といった方は残念ですが、お金が貯まらない傾向が強いと言えます。

それは部屋が散らかっていると、今自分に費用なもの、要らないものの把握ができず、

無駄なもの、余計なものを買ってしまったりするからです。

お金を貯められる人間になるためには、まずはお部屋の片付け、掃除から取り組むといいでしょう。

今一度、身の回りを整理して自分の生活に足りているもの、これから必要な物をしっかりと把握しましょう。

■まとめ

1,こまめにATMでお金を降ろしている
2.ついついコンビニに行ってしまう
3.安いからとまとめ買いをしがち
4.「セール」や「無料」「期間限定」などの言葉に弱い
5.クレジット払いが多い、または金額を把握していない
6.短距離でもタクシーをついつい使ってしまう
7.自己投資、という言葉に反応してしまう
8.部屋が散らかりがち

いかがでしたでしょうか?

改めてご自分の生活を振り返ってみて、ドキッとした方は多いのではないでしょうか?

1つ1つの行動を見直すことで、無駄な出費を避け、お金を貯める人の行動に近づけていきましょう。

ビジネスで大成した富豪や起業家さんなどは、案外質素だったりします。

自分に本当に必要な物、不必要なものの取捨選択ができているので服装はすごくシンプルだったり、高級外車では無く、国産の低燃費でリーズナブルな車に乗っていたり…。

今があなたにとって、必要なもの不要なものの取捨択一を考える時期なのかもしれません。

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする