【衝撃】販売中止になっていた意外なお菓子ランキング!

シェアする

最近見かけないなーと思っていたお菓子と言えばなんですか?

それ、それもしかしたら販売中止になっているかも!?

もう食べることのできないお菓子をご紹介します!

スポンサーリンク



■定番お菓子が続々と生産中止に…

大人も子供も大好きなお菓子ですが、昔からの定番お菓子が姿を消すことが多くなっているのはご存知ですか?

理由は材料費高騰や市場の変化など様々ですがあなたが大好きだったお菓子が実はもう生産されていないかもしれません。

そこで、販売中止になったと聞いて驚くお菓子をランキング形式でまとめてみました。

第1位 カール

麦わら帽子のヒゲおじさんが目印のカール。元は他のお菓子の脇役だったキャラの反響が良く、カールのイメージキャラの座を掴んだのは意外と知られていない話かも?

最盛期は様々な味がありましたが、実は2017年8月分の生産をもって、中部地方より東側

エリアでの販売が終了となっていました!

なので現在は西日本限定のお菓子となっているんです。

これ意外と知られていないですよね…。

味も整理されていて、「チーズあじ」「うすあじ」のみの販売となっています!

西日本に足を伸ばした際には購入必須です!

第2位 サイコロキャラメル

昔は駄菓子屋に必ずと言っていいほどありましたね!

昔なつかしい甘いキャラメルが入っていて、食べ終わっても箱はそのままサイコロとして使えましたね。

必ず誰もが一度は食べたことがあるお菓子ですが、2016年3月に販売が終了していました。

なんと89年もの歴史があったそうです。

完全に生産終了してしまったわけではなく、工場が残っている北海道では製造販売されていて、現在は北海道のお土産品として人気を博しているそうです!

第3位 ポポロン

コチラも懐かしいお菓子!
子どもにとっては少し割高でしたが、その分高級感もあったポポロン。

実は2015年2月に生産終了していました…。
終了の理由は明らかにされていませんが、時代が変わり単純に売れなくなっていたからと推測されます…。

こちらは現在の時点で再販や復活の予定は無いそうです…!

いつか復活してほしいですね!

第4位 チューペット

長い棒状のアイスで、真ん中でパキッと割れるスタイルが人気を博していました。

兄弟で半分こしたり、フレーバーをシェアしあったり。

夏の定番商品でしたが、2009年9月に販売終了していました。

類似商品が多く、チューペットが生産終了していたことを知らない人の方が大半でしょう。

今ではCMが懐かしいですね…。

第5位 霧の浮舟

こちらは現在も販売されていて、ファンの多い霧の浮舟

1980年の発売以降、愛され続けていましたが、2005年に一度生産終了になっていたこと、ご存知ですか?

2013年2月より再び販売されて、現在に至ります。

エアーインチョコの先駆けという感じのチョコで、見かけたら思わず買いたくなる品ですよね。

スポンサーリンク



6~10位もご紹介

6位 ムギムギ

2013年6月に販売終了。(2013年に別の業者が販売、製造権利を引き継いでいます)

7位 ぬ~ぼ~

1996年販売終了。今でも記憶に残るキャラが目印でした。

8位 メンズポッキー

2010年販売終了。

9位 5/8チップス

2003年販売終了。エスビー食品の菓子部門撤退により。これ以外のヒット商品を生み出せなかったのが敗因だったそうです。

10位 ドンパッチ

2000年販売終了。

スポンサーリンク



■まとめ

いかがでしたか?

今も地域限定で販売されているもの、もう完全に生産が終了してしまい食べられない物まで、様々でした。

人気商品だっただけに、再販されてほしいですね!

昔からの定番お菓子にはその当時の思い出も詰まっていますし、たまに思い出すと懐かしい気持ちになれますね。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする