メリットがいっぱい、朝シャワーを勧める3の理由!

シェアする

あなたは朝の目覚めは良いほうですか?スッキリ目覚めることが出来ず、モヤモヤな朝を迎えていませんか?

そんな時は断然、朝シャワーがオススメです!

スポンサーリンク




目覚めが良くなる以外にもある驚きの効果とメリット!知っておかなきゃ損!?

■なぜ朝の目覚めが悪いの??

朝スッキリ起きられる人と、なかなか目覚められない人がいるのは何故なのでしょう?

それには、自律神経が大きく関係しています。

「自律神経」とは、自分の意思とは関係なく働く神経の総称です。

・心臓や内臓を動かす

・血圧や体温の調節

・食べ物の消化

・血管・瞳孔・汗腺の機能の調整など

出典:自律神経失調症.net大辞典/「自律神経とは」

寝不足やストレス、または他の要因などでこの自律神経が乱れてしまうと、人は朝なかなか目覚めれなかったり、日中も調子が上がらなかったりします。

どうにかして、自律神経を活発化させることができれば、朝もスッキリできて、身体も精神も活性が上がります。

そこでオススメなのが、朝シャワーを浴びる事なのです。

たったそれだけ!?
とお思いかもしれませんが、朝シャワーにはこの他にもメリットがいっぱいなのです。

その効果とおすすめな理由を紹介していきます。

 

1.目覚めスッキリ、身体が活動モードになる

前述したように、朝シャワーで交感神経のスイッチをオンにすることができ、朝から活動的になれます。

睡眠中は副交感神経というリラックスモードのスイッチが入っていて、朝上手く起きられない人は、このスイッチがいつもまでもオンの状態が続き、切り替えが上手く行かない状態。

シャワーの温水と水流の効果で交感神経のスイッチが入り、眠気が覚めます。
さらに血流も良くなり、1日の始まりから行動的な気持ちに。

スポンサーリンク




2.ダイエット効果も期待できる!

朝シャワーで血流が良くなることで、ダイエット効果も期待できます。
交感神経が活発になり、結構も良くなると、代謝もアップ!

朝から代謝を良くすることで、消費カロリーも増加します。
つまりは、燃費の良い状態で1日を始める事ができるという訳ですね!

より代謝をアップさせるコツもあります。
代謝を良くする細胞は肩の肩甲骨あたりに集中しているので、
肩甲骨に長めにシャワーを当てて温めて下さい。

3.体臭の予防もできる!

どんなに夜に身体を綺麗にしても、寝てる間にたくさんの汗をかいています。
コップ1杯分の汗をかいているのを知っていましたか…?

こうした汗や皮脂をそのままにしていると、参加してしまい雑菌も沸いてしまいます。
そうすると、悪臭や体臭の原因になってしまいます…。

朝シャワーでそんな汗や皮脂を洗い流すことで、体臭を防ぐ効果も期待できます。
また女性の場合はお化粧も肌にのりやすくなる効果も期待できるでしょう!

 

4.朝シャワーのデメリット、注意点

良いこといっぱいの朝シャワーですが、少し注意することも必要なのでご紹介いたします。

①急激な温度変化に注意

朝起きたてで寒い部屋にいる状態から急にシャワーを浴びると、急激な温度変化により心筋梗塞や脳卒中を引き起こす可能性があるのでご注意下さい。

寒い日は、お部屋や洗面所の温度を暖かくしてからシャワーを浴びるなど、気温とシャワー温の差をすくなくしてから行うことをお薦め致します。

②脱水症状にも気をつけて

寝てる間には汗をかいたりして、身体の水分は不足しがちです。
その状態からシャワーをあびることで、脱水症状を引き起こす可能性もあるので注意して下さい。

シャワーを浴びる前に、コップ一杯の水か白湯を飲むことで解決できます。

③体温調節しづらくなることも

シャワー後は基本、体温も上がり身体も活性かし、体温も上がるので通常の状態より暑く感じる傾向があるようです。

意外と薄着になってしまったり、外出後寒さを感じてしまうかもしれません。

体温調節しやすい服装をするなどして、対策しましょう。

■まとめ

いかがだったでしょうか?

デメリットに気をつけつつ、メリットいっぱいの朝シャワーをぜひ取り入れてみて下さい。

・首、肩甲骨あたりに多めにシャワーを当てる
・水分をしっかり取ってからシャワーを浴びる
・部屋や洗面所、シャワーの温度差をなるべくなくす

このあたりに気をつける事で、リスクを抑え、効率よく朝シャワーを有効活用することができるでしょう。

朝シャワーにより活性をアップさせて、より良い1日を過ごしましょう!

この記事が少しでもお役に立てたなら嬉しいです。

スポンサーリンク





シェアする

フォローする