久保木愛弓 家族や彼氏は?住所も特定されている?事件後の暮らしが判明!【大口病院 殺人】

シェアする

7/18追記:極刑も覚悟していると供述

当時勤務していた病院で、少なくとも20人以上もの患者を殺害したとされる、久保木愛弓容疑者(31)

この元看護師の家族構成や彼氏の有無などは?

また、住所が特定されているとの情報も?徹底調査しました!

スポンサーリンク



■事件の詳細

横浜市内の病院で発生していた患者の連続不審死。

ついに犯人が逮捕されました。

容疑者とされる久保木愛弓(くぼき あゆみ)とは、どんな人物なのでしょうか?

関わっているとされる不審死が、すべて彼女の手による犯行だとすると、戦後史上最大の大量殺人犯になるようです…。

詳しくはこちらを御覧ください。

横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で平成28年9月、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件で、うち死亡した男性患者1人の点滴袋に異物を混入し殺害したとして、神奈川県警は7日、殺人容疑で当時病院で勤務していた看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)を逮捕した。

久保木容疑者は2人を含む4人の点滴への薬品混入を認めていることが判明。

病院内で入院患者が相次いで中毒死するという特異な事件は、発覚から約1年10カ月を経て急展開を迎えた。

引用:産経ニュース



>>妻を実家に埋めた弥谷鷹仁の真相!学歴や経歴、きらぼし銀行での評判が発覚?

弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
7/19追記:犯行動機、遺体遺棄の手口が判明 3月に千葉県柏市で女性が行方不明になった事件がまさかの結果に…。 なんと、女性の夫である弥谷鷹仁(やたに たかひと)容疑者とその母である弥谷恵美容疑者が逮捕されました。 遺体発見現場となった容疑者の実家住所や、弥谷鷹仁容疑者の学歴や経歴を特定?

スポンサーリンク



■久保木愛弓 プロフィールと顔画像

ネット、報道の情報を元に、今回殺人の容疑で逮捕された久保木容疑者のプロフィール及び顔画像をまとめました。

こちらを御覧ください。


引用:産経ニュース

名前 久保木愛弓(くぼき あゆみ)
年齢 31歳
住所 横浜市鶴見区上住吉5丁目
職業 元看護師

詳しい情報を得るため、FacebookやTwitterのアカウントを調査しました。

本人の物と断定できるアカウントは発見できませんでした。

Facebookの検索結果のリンクはこちらになります。→検索結果

個人アカウントの発見や、新たな情報が判明しましたら追記させていただきます。

スポンサーリンク



■久保木愛弓の住所が特定されている?

複数人の患者を殺害された疑いのあるく簿記容疑者ですが、住所が特定されているとの情報があるようです。

報道により、「横浜市鶴見区上住吉5丁目」までの情報は開示されています。

あるネットの情報によると、詳細な住所と画像まで特定されているようです。

気になる方は、↓を御覧ください。

スポンサーリンク



■「極刑でも仕方ない」身勝手な供述(7/18追記)

大口病院では、事件前後の約2カ月の間に、およそ50人もの患者が死亡している。多いときには1日に5人。末期のがん患者や回復の見込みが低い高齢者らが痛みの緩和治療などを行う病院ではあったが、病院幹部も「異常な数だ」「呪われているのか」と首をかしげる事態だった。

神奈川県警の捜査関係者によると、久保木容疑者は、多くの患者の点滴に毒性の強い消毒液を投与したことをほのめかしており、その数は20人に上るとされる。「死刑になっても仕方がないことをした」。こうした身勝手な供述も始めているという。

引用:産経新聞

■同僚トラブルへの関与は否定…(7/18追記)

ただ、かたくなに関与を否定する場面がある。当時、病院内で起きていた別の異変だ。

大口病院では看護師のエプロンが裂かれる事案が発生。別の看護師のペットボトルに刺激臭のある異物が混入される騒ぎもあった。

同僚らの間では久保木容疑者の犯人説が流れていたというが、本人は今も「違う」と訴えている。看護師間でのいじめのような陰湿な人間関係があったのでは、と指摘する関係者もいる。

久保木容疑者は3つの病院での勤務歴があるが、関係者らによると、実際にトラブルを起こしたのは大口病院だけだったとされる。暗い職場環境のもと、次第に精神をゆがませていったのか。

引用:産経新聞

患者への消毒液混入は認める中、病院内での職員同士のトラブルに対しては、頑なに関与を否定しているとの事ですね。

これだけ強い姿勢で否定するとという事は、これに関しては別に関与している人間がいる可能性も…?

久保木容疑者の行いは決して許されるものではありません。

しかし心が疲弊し犯行に至るまでには、病院内にも何らかの原因があったのかもしれません。

それらが早急に明らかになる事を望むばかりですね。

スポンサーリンク



■消毒液混入の手法を使い分けていた?(7/14追記)

横浜市の旧・大口病院で患者2人が中毒死した事件で、逮捕された元看護師の女が消毒液を混入する手口を使い分けていた可能性があることが分かりました。

その後の捜査関係者への取材で、事件当時残っていた未使用の点滴袋の一部から消毒液の成分が検出された一方で、西川さんの点滴袋からは消毒液の成分が検出されていないことが分かりました。

西川さんのケースでは注射器などを使って一気に混入された可能性があり、警察は、久保木容疑者が手口を使い分け、消毒液を混入していた可能性があるとみて調べています。

引用:TBS NEWS

消毒液混入の手口を変えていたのは、犯行が発覚するのを防ぐためだったのでしょうか?

かなり計画的に犯行に及んでいたことが伺えますね。

これが事実なら、本当に恐ろしいことです。

この他にも、別の手法でカモフラージュしていた可能性もあります。

自分に疑いの目が向かないように色々な工作をしていたのでしょう…。

そこまでして患者を殺害しようしてまで、なぜ看護師を続けていたのでしょうか…??

スポンサーリンク



■夜勤引き継ぎ時に犯行を繰り返していた?(7/9追記)

横浜市の旧大口病院で、患者2人が中毒死した事件で、逮捕された元看護師の女は、夜勤の引き継ぎを受けた後に犯行に及んだとみられることがわかりました。

その後の捜査関係者への取材で、久保木容疑者は、事件当日、夜勤に入るに当たり日勤の看護師から引き継ぎの際に、1人で西川さんの部屋に行き、犯行に及んだとみられることが新たに分かりました。

警察は、病室にスタッフが不在がちになる引き継ぎ時間帯を狙って犯行に及んだとみて、捜査しています。

引用:TBS NEWS

上記の通り、日勤と夜勤の引き継ぎの時間帯を狙い、犯行を行っていたことが明らかに。

職員が不在がちな時間を狙うあたり、計画的な犯行と言えますね。

また、こうしたタイミングで異物を混入させるのには、ある狙いがありました。

これが本当に恐ろしすぎました…。

自分勝手にも程がある理由です。

こちらは「■犯行動機」の欄で詳しく解説していますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク



■家族構成は?彼氏はいるのか?

一般的な31歳の女性看護師というと、彼氏や旦那がいてもおかしくはないと思いますが、久保木容疑者はどうだったのでしょう?

2017年の9~12月に、報道陣のインタビューに答えている久保木容疑者。

そこに家族構成や暮らしぶりのヒントが隠されていました。

--いまはどんな暮らしを

「仕事はまだしていない。一度、看護師として再就職したが、結局いろいろあって続かなかった。一度看護師から離れようと思って、別の職種で仕事を探している。ただ、なかなか見つからない」

引用:産経ニュース

久保木容疑者が事件のあった病院を退職したのが2016年11月。

少なくともインタビューされた時期まで定職についていないとすると、家族と同居していると考えるのが妥当でしょうか?

彼氏や配偶者の有無については、情報がありませんでした。

年齢などを考えると交際相手がいても何ら不思議ではありませんね。

■久保木愛弓容疑者の家族構成が判明!(7/8追記)

関係者によると、久保木容疑者は小学生時代を水戸市内で過ごした。

両親と弟の4人家族で、一家が当時住んでいたアパートの管理人は「近所の子供たちが遊んでいるのを一歩引いて見ているような、引っ込み思案な子だった」と振り返る。

一家はその後、父親の仕事の都合で神奈川県の県央地域に転居。

久保木容疑者は自宅から約10キロ離れた県立高校に入学した。この高校は福祉教育などに力を入れており、老人ホームで入居者らと交流を持つ機会もあったとみられる。

引用:産経新聞

久保木容疑者は両親と弟との4人家族であったことが判明しました。

皆の後ろをついていったり、友達が遊んでいるのを遠巻きに見ているような引っ込み思案な子なイメージだったようですね。

高校の同級生も同じような事を述べているようなので、大人になった今も同じような雰囲気ではと考えられます。

しかし、今はその内面にとてつもなく深い闇を抱えていたのは言うまでもありません。

スポンサーリンク



■久保木愛弓の生い立ちは?

久保木容疑者はどんな人生を歩んできたのか、これまでの生い立ちなどが気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで、幼少期からの生い立ちなどを調査しました。

残念ながら、今のところ有力な情報を得ることは出来ませんでした。

しかし、これまで出ている情報から人物像を察する事はできそうです。

調べてみたところ、俗に言う「ちょっと変わった子」だった可能性が高そうです。

何故かと言うと「他人の飲み物を勝手に飲む」などの癖があったと自ら証言しているからです。

いくら飲み物でも、人の物に勝手に手を付けるのは良くないですよね…。

確かに変わっているかもしれません。

今後も久保木容疑者の半生などについて、調査を進めていきます。

スポンサーリンク



■久保木愛弓の経歴や出身校は?

久保木容疑者のこれまでの学歴や、出身大学、看護学校なども気になりますね。

こちらについても、残念ながら確信の持てる情報はありませんでした。

報道を観て、かつての同級生や同僚などは、どんな事を思っているのでしょうか?

今後、Twitterやネットにて、経歴や学歴に関する情報が出てくるかも知れません。

余談ですが、経歴ではなく久保木容疑者の正体について、こんなふうに思っている方もいらっしゃいます。↓

■久保木愛弓の出身高校を特定?(7/8追記)

報道時に公開された、久保木容疑者の高校時代の写真。

あるネットユーザーが制服から高校を特定したとの情報が?

確証のある情報ではありませんので、気になる方はリンク先を御覧ください。

リンク先では、具体的な高校名や、偏差値などの情報も記載されています。

Twitterの情報は→こちら

スポンサーリンク



■犯行動機が酷い!サイコパスとの噂も?

捜査の進展と共に、久保木容疑者が患者の点滴に異物を混入させ、殺害を図った動機が明らかになりました。

はっきり言って怖すぎます…。

それがこちらです。

久保木容疑者は「他の入院患者の体内にも消毒液を入れた。20人ぐらいやった」とも供述。

動機については「自分が勤務のときに亡くなると、家族への説明が面倒だった」などと説明したという。

県警は2人を含む計4人の患者の体内から消毒液の成分を検出しているといい、慎重に解明を進める。

引用:朝日新聞DIGITAL

「自分の勤務時に患者が亡くなると面倒だったから」

これが犯行の動機だそうです。

30歳前後のベテラン看護師の考えとは到底思えません。

恐ろしすぎますね…。

このような考えから、20人以上の患者の点滴に異物を混入させた疑いが持たれています。

大口病院では近年、入院患者が50人以上も不審死している事が確認されています。

当然、久保木容疑者の関与が強く疑われています。

こんな身勝手な理由で50人以上もの人間を死に至らしめていたとしたら…。

世間で噂されているように、サイコパスだと思われても仕方ありませんね。

スポンサーリンク



■事件現場、大口病院の評判が酷い…。

事件現場は、横浜市神奈川区にある大口病院(現:横浜はじめ病院)だと公表されています。

詳細はこちら。


引用:テレ朝NEWS

病院名 横浜はじめ病院(当時:大口病院)
交通 JR横浜線「大口駅」西口徒歩3分

こちらの病院について調査したところ、おどろくべき結果が…。

ネットでは、通常の病院よりも悪い口コミや評判が多いと指摘されています。

これが事実ならば、ちょっとびっくりですね…。

入院患者の家族によると
点滴袋が誰でも触れる位置にたくさん転がってたらしい
杜撰な管理体制

引用:Googleの口コミ

大口東病院でお世話になったが、基本的に看護師や事務員は無責任な言動が多かった。
2時間以上待たされたあげく、診察を忘れられたこともあった。

引用:Googleの口コミ

病院の待ち時間は凄く待たされるのが殆どだが、ここは患者が居ないに等しいのですぐに診てもらえるが、医者がパッとせずやる気が見られない。

昔々のお医者様〜な雰囲気。それなりの年齢を重ねているのに知識が無い上「風邪かな」の一言で終わる。的外れの薬が出る事もしばしば。

引用:Googleの口コミ

スポンサーリンク



■事件の時系列まとめ

今回の事件はいかにして起こったのでしょうか?

実は、不審死が確認されるよりも前から院内ではカルテが無くなるなどの不可解な出来事が起こっていたようです。

大口病院での不審な出来事や、久保木容疑者の犯行が明らかになるまでを時系列でまとめました。

2016年4月ごろ

看護師用のエプロンが切り裂かれる事件が発生

2016年6月ごろ

患者のカルテが紛失してしまう。複数枚紛失し、当時は犯人は分からず。

2016年8月ごろ

看護師のペットボトルに異物混入。飲料を飲もうと口をつけたところ何かが付着していて、口が腫れてしまう。

ペットボトルの蓋に小さな穴があり、そこから異物を混入させていたと思われる。

2016年9月

入院中の患者が相次いで2人、中毒死。

9月18日に西川惣蔵(そうぞう)さんを、9月20日に八巻信雄さん(当時88)を殺害。

当時は犯行を否定していた。(久保木容疑者は後に容疑を認める。)

点滴に「ヂアミトール」という強殺菌性の消毒液を混入させていた。

2016年7~9月まで

この短期間のうちに、久保木容疑者の勤務していた病院で、入院中の患者が約50人も死亡している。

→その後の捜査により「20人くらいの患者の体内に消毒液を入れた」と自供。

余罪については現在調査中。

2016年11月ごろ

久保木容疑者、当時勤めていた大口病院を退職する。

退職後は元職場の同僚とは、あまり接点はなかった模様。

スポンサーリンク



■過去のインタビューでは無実を訴えていた


引用:産経ニュース

今回逮捕された久保木容疑者は、事件発生当時から犯行への疑いを持たれていたようです。

産経新聞が2017年9月~12月の間に複数回インタビューをしていたようです。

その時の受け答えが話題となっています。

「犯人扱いされて悲しい」

「病院の管理体制がずさんだ」

このように語っていたようです。

自らが犯行を犯しているにも関わらず、この受け答え…。

他に犯人がいるかのように匂わせていて、正直恐ろしさを感じるインタビューとなっています…。

詳しくはこちらを御覧ください。

--事件から1年。犯人が捕まらないなか、関係者としてどんな気持ちか

「発覚してからショックを受け続けている。一部のマスコミから私が犯人じゃないかという情報が流れた。その理由が、私が『変わり者』ということらしく、他人の飲み物を飲んじゃったり、なんだかんだと言われたりしている。

そんなことはやっていないのに、誰がそんなことを言ったんだろうと思っている。患者さんが病院で殺されてしまうということ自体がショックで悲しかった。それに加えて、私が犯人じゃないかと疑われて…。みんなが自分をそういう目で見ていたのかなと思うとすごくショックだ」

--犯人に対して思うことは

「早く捕まってほしい。事件当初は自首してくれないかなと願っていた。ただ、ここまで自首しないということは、おそらく、今後もすることはないだろうから…」

--いまはどんな暮らしを

「仕事はまだしていない。一度、看護師として再就職したが、結局いろいろあって続かなかった。一度看護師から離れようと思って、別の職種で仕事を探している。ただ、なかなか見つからない」

--病院に対して思うことは

「管理体制、責任体制のずさんさを感じる。一番初めの事件で、警察を呼んでいたらだいぶ違っていたと思う」

--在職は1年程度だった

「2年前(平成27年)のゴールデンウイークごろに就職した。事件以降、家の周りをマスコミが包囲してしまって、外に出られない感じだったので、お休みをいただいて、(28年)11月に退職した。「全員解雇」の前に辞めたのでその時の状況は分からない」

引用:産経ニュース

スポンサーリンク



■まとめ

現段階では点滴に消毒液を混ぜるなどの手法で、20人ほどへ犯行を行ったと自供した久保木容疑者。

当時勤務していた病院では、2ヶ月あまりで50人以上が不審死しているとの報道がなされています。

これがすべて久保木容疑者の手によるものとなると、戦後最大の大量殺人犯となるようですね。

これが事実だとするならば、患者からしたら恐怖でしかありませんね。

どのような経緯で、これほどまで狂気をはらんだ思考に至るのでしょうか?

すべてを立証することは難しいかも知れませんが、被害者やそのご家族のためにも、久保木容疑者の罪を追求してほしいものですね。

スポンサーリンク



■ネットの反応

看護師が毒物を混ぜたら、患者側は気付き様が無い。
しっかり裁いて欲しい。

引用:Yahoo!ニュース

よく容疑固まったね。内部だろうとは思ってたけど特定が難しくて無理かもと思っていた。警察よくやった。本人も容疑を認めているならいろいろ経緯が明らかになるでしょう。

引用:Yahoo!ニュース

ひとりによる大量殺人としては後世に残るね。
しかし当時の他の大口病院スタッフは何やってたん?

引用:Yahoo!ニュース

■こちらも読まれています

弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
弥谷鷹仁 顔画像!経歴や学歴、自宅住所を特定?きらぼし銀行エリートだった?【茨城県取手市 遺棄】
7/19追記:犯行動機、遺体遺棄の手口が判明 3月に千葉県柏市で女性が行方不明になった事件がまさかの結果に…。 なんと、女性の夫である弥谷鷹仁(やたに たかひと)容疑者とその母である弥谷恵美容疑者が逮捕されました。 遺体発見現場となった容疑者の実家住所や、弥谷鷹仁容疑者の学歴や経歴を特定?
小島一朗の出身高校や生い立ちは?両親も祖母もネグレクトでヤバい!自閉症は父と母のせい?【東海道新幹線殺人事件 Facebook Twitter】
小島一朗の出身高校や生い立ちは?両親も祖母もネグレクトでヤバい!自閉症は父と母のせい?【東海道新幹線殺人事件 Facebook Twitter】
6/18追記:梅田さんの妻と両親がコメントを発表 東海道新幹線のぞみ265号の車内で3人を殺傷した男。 事件から数日建ち、小島容疑者に関する情報や、彼のこれまでの経歴などが明らかになってきました。 非道な事件を起こした22歳の若者の出身中学や高校、職歴などを徹底調査しました。 更に、根本の原因は親だったのでは?という噂も調査しました。
船戸雄大 顔画像!5歳連れ子殴り死亡。嫁や出身、生い立ちは?…東京都目黒区虐待
船戸雄大 顔画像!5歳連れ子殴り死亡。嫁や出身、生い立ちは?…東京都目黒区虐待
7/11追記:船戸雄大、自宅などに大麻を所持していた疑いで追送検 死亡した結愛ちゃんの記したノートが公開、新たな内容が公表されました。 東京都目黒区のアパートで5歳の女の子、結愛ちゃんが殴られ死亡した事件。 船戸雄大容疑者が日常行っていた虐待は人間のする事は思えません…。
大角哲也 顔画像!加藤友美さん殺害動機がヤバい!家族や妻、子供は?【ぱちんこキャッスル 名古屋市】
大角哲也 顔画像!加藤友美さん殺害動機がヤバい!家族や妻、子供は?【ぱちんこキャッスル 名古屋市】
7月5日の昼頃、名古屋市北区のパチンコ店で、返り血を浴びた男が逮捕されました。 白昼堂々と刃物で常連客を襲った大角哲也(50)容疑者の犯行動機がヤバすぎました…。 加藤友美(ともよし)さんとの関係性や、家族関係などを徹底調査しました。

シェアする

フォローする