【スポンサーリンク】


iPhone8とiPhoneXどちらを買うべきかまとめ!iPhone7持ちは注意が必要かも

シェアする

先日、新発売を発表されたiPhonei8とPhoneX。
これから機種変更や購入を考えている人も多いのではないでしょうか。
iPhoneXと8と7の3機種を比べてどれを買うべきなのか?まとめてみました!


スポンサーリンク





見た目や機能などの面から
この3台の機種を何が違うのか、調べて比較をしてみました!

少し前に発売されたiPhone 6sからiPhone 7はそれほど大きく変ったという印象はなかったですが、
今回のiPhone8とiPhoneXはどれほど違うのでしょうか。

<iPhone 8、Xは充電ケーブルがいらない!>

iPhone 5からiPhone 7のデザインは金属製ボディ でした。

iPhone 8は背面には強化されたカスタムガラス、側面が航空宇宙産業で使われているものと
同じグレードのアルミニウム製のアルミ合金のデザインになっています。

iPhone Xは前面にも強化ガラスが使われています。もちろん、防水・防塵。

カラーモデルはスペースグレイ、シルバー、ゴールドです。
ローズゴールドは残念ながら廃止になってしまいました。

何と言っても、背面がガラスになったことで、

Qi規格準拠(非接触充電)が対応できるようになります!

Androidスマホでは以前から対応機種がリリースされていましたが、

ついにiPhoneでもQi規格準拠のワイヤレス充電に対応です!

今まで違って、充電ケーブルが必要ではないので、

国内外の公共施設のワイヤレス充電ステーションやマットで充電できます!

本体の大きさと重さは? iPhone 7のカバーでも大丈夫?

それぞれの大きさと重さをまとめてみました。
iPhone X:高さ(縦)143.6 mm,幅(横):70.9 mm,厚さ:7.7 mm,重量:174 g

iPhone 8 :高さ(縦)138.4mm,幅(横): 67.3mm,厚さ: 7.3mm,重量:148g
iPhone 7:高さ(縦)138.3mm,幅(横):67.1mm,厚さ:.7.1mm,重量:138g
iPhone 6s:高さ(縦) 138.3mm,幅(横): 67.1mm,厚さ: 7.1mm,重量:143g

iPhone 8 Plus:高さ(縦)158.4mm,幅(横): 78.1mm,厚さ:7.5mm,重量:202g
iPhone 7 Plus:高さ(縦)158.2mm,幅(横):77.9mm,厚さ: 7.3mm,重量:188 g
iPhone 6s Plus:高さ(縦)158.2mm,幅(横):77.9mm,厚さ:7.3mm,重量:192g

Appleの情報を見ると、iPhone 7と8の液晶画面の大きさは変わらず、4.7インチ。
Xの液晶画面は5.5インチです。

大きさもそれぞれは見ての通り、8と7の大きさは縦、横とも0.2mm、重量もわずか10gの差ですね。
Plusシリーズの方も大きさは0.2mm、重さも14gの差です。

ただ、厚さが0.2㎜と違うので、カバーケースで「iPhone 7のみ」と表記されている、
ハードケースのようなケースは本体を傷つける可能性もあるかもしれません。

iPhone Xのサイズは液晶画面のサイズは大きくなりましたが、
本体の大きさは小型軽量化されていますね。iPhone Xは専用カバーが必要ですね。


スポンサーリンク




iPhoneXはココが明らか違う!iPhoneXのみの新機能

iPhone Xは全体的に少し大きくなり、画面は5.8インチ、ホームボタンも無くなり、
画面の全てがタッチパネル液晶になっています。
見た目も変わっていますが、それだけじゃありません!

なによりiPhone Xはホームボタンを廃止して、指紋認証の代わりに、Face ID(顔認証)を搭載されています。

持ち主の顔で認証、ロック解除、支払いを行えるようになりました!

高い安全性を持ち、時が経過しても、持ち主の外見の身体的変化に適応していきます。

顔の変化まで適応し、支払いもできるとは驚きです。

iPhone8は指紋認証機能「Touch ID」やホームボタンが継続して使えます。

iPhone8・Xシリーズから付いたカメラや液晶の新機能とは?

iPhone 7とiPhone 8はほぼ同じで、1200万画素、光学式手ブレ補正が搭載されて、綺麗な画像が撮影できます。

ですが、調べると「iPhoneクオリティ」と呼ばれる程の綺麗に撮れる高スペックなカメラなことが分かりました!

カメラのスペックは
iPhone 7・8 :1200万画素,F値1.8、
iPhone 7・8 Plus :1200万画素×2、F値は1.8と2.8。
インカメラは700万画素、F値2.2。

レンズの絞り数値を表すF値が数値が小さければ、小さいほど明るく、ボケ感が出せます。
なので、iphoneのレンズのF値が1.8というのには驚きです!

さらに、「True Tone」という機能が導入されています。

「True Tone」とは、周囲の光を察知して、自動的に画面の色味を調整しますしてくれる機能。

例えば、蛍光色の照明下で開くと、蛍光色に合わせた黄みの発色となり、より見やすくなります。

また、設定画面からTrue Tone機能をオフにすることもお好みで選べます。

更に、「ポートレートライティングモード」という照明効果があり、
撮影の後の写真でも自然光やスタジオ照明を当てたかのように写真補正をしてくれます。

これは撮った後に補正してくれるのは便利ですね!

iPhone Xは2つのバックカメラが付いています。

2つのカメラには光学式手ぶれ補正と高速なレンズの機能があります。

暗い場所や 明るさが少ない場所でも以前よりら手ブレが補正され、
高速シャッターにより綺麗に写真や動画を撮ることができます。

TrueDepthカメラもあり、顔の動きを解析します。す

ると、12種類のアニ文字と呼ばれる、
あのカメラアプり「snow」のように顔を画面上で動物やキャラクターに変化させます。

ディスプレイには最新技術であり、話題の有機ELが搭載!

iPhoneXとiPhone8のディスプレイにはあの最新技術の有機ELディスプレイが搭載されています!
その為、有機ELとは電圧をかけると自発的に発光するので、ディスプレイが鮮やかに見えます。
iPhone 7の画素密度は326ppiに対して、iPhone 8の画素密度は458ppiなので、より綺麗ですね。

まとめ

iPhoneXとiPhone8、最新技術が詰まってiPhone7より大きく変化していました!

背面ガラスデザインとQi規格準拠(非接触充電)、「True Tone」機能、カメラ機能も向上。

また、その能力を処理するICチップも搭載されています。

iPhoneXはホームボタンがない代わりに、顔認証システム、全画面デザインになり、
何よりiPhone10周年の記念版なので、来年は手に入らないかもしれません。

共通点が7,8,X とありますが、その中でも自分のこだわりに合わせて、選ぶ楽しさを感じらえたら幸いです。

主観ではありますがiPhone6を含むそれより以前の機種を使っている方は、iPhone8への機種変更でもより大きな変化を感じられるかもしれません。

ですがiPhone7、iPhone7plusを使っている方は、8への乗り換えですとあまり大きな変化を感じられないかもしれません。

そういった方はiPhoneXへ変えたほうが良いかもしれませんね!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする