置き換えダイエットにはフルーチェが最適な話

シェアする

ダイエットしたい!痩せたい。でも運動はしたくない!
 
それにダイエット食は高いし続けるのは難しい・・・。 そんな方にオススメなダイエットがあります。
 
それは…「フルーチェ置き換えダイエット」です! コツや実践方法を お教えします!   

スポンサーリンク




■フルーチェ置き換えダイットとは??

フルーチェ置き換えダイエットとは、その名の通り普段の食事の代わりに、カロリーの低いフルーチェを食べる置き換えダイエットのことです。

しかしこの夏フルーチェ置き換えダイエットを勧めるには理由ああるのです!
(実際にフルーチェ置き換えダイエットを1ヶ月行った男性が、70キロ→65キロのダイットに成功しているそうです。)

オススメな理由と、手軽な実践方法をご紹介していこうと思います!

■オススメ1・・・とにかく低カロリー

フルーチェは牛乳を入れた状態で約80キロカロリー。

どうですか、この圧倒的な低カロリー。

ちなみにこの80キロカロリーを他の食品で例えると・・・。
卵なら1コ、魚1切れ、豆腐だと3分の1丁、牛乳ではコップ1杯、これがフルーチェと同じ「80キロカロリー」に該当する食品です。

これらと比べても、腹持ちに関しても遜色ない事がわかって頂けると思います。

むしろこれらと同カロリーですが、量や食べた後の満足感はフルーチェのほうが上かもですね。 

また、糖尿病の方へのカロリー計算、ダイエットの為のカロリー計算にはこの「80キロカロリー」 が多く用いられます。

カロリー計算法によるダイエット時、食べれる食品リストとしてフルーチェはすごく取り入れやすいのでお薦めです。

■オススメ2・・・100円均一でも手に入るほどの低コスト

スーパーで売られているタイプのフルーチェは4人分で約200円位。

そして、100円均一でも売られていて、そちらのタイプのプチフルーチェは2~3人前で、約108円です。

108円でここまで量や食べた後の満足度の高い食品はあまりないのではないでしょうか?

他のダイエットフードや、ドリンク、サプリと比べても、とても安く始められます。

これなら長く続けていけそうですね。

恐るべしポテンシャルを秘めているのです。   

スポンサーリンク




■オススメ3・・・ちょい足ししやすく、栄養素も補える

  フルーチェ自体が約80キロカロリーと低カロリーなので、他の食品を足しても高カロリーになりにくいのです。

プラス、栄養素も補いやすいのです。
ここからはフルーチェと相性の良い、ちょい足し食品のオススメを紹介していきます!  

・シリアル

シリアルは食物繊維が豊富!プラスすることで、栄養と満足度をアップできます!  

・ナタデココ

低カロリー、かつ噛みごたえのあるナタデココをプラスすることで、満腹感を得られます。腹持ちアップ♪  

・みつ豆

みつ豆も低カロリーで、かつフルーチェとの味の相性も◎です。オススメ!  

・フルーツ

お好みでフルーツを添えて、ビタミンなどの栄養素を補うのも良しですね。

(※フルーツは糖質が高いものも多いので、夜にフルーチェ置き換えダイエットをする際は、入れ過ぎに注意して下さい。夜の糖質の摂り過ぎは△です。)

キウイは、朝や昼より夜取るほうがオススメのフルーツで、なおかつ低カロリーで栄養も豊富。

夜のフルーチェのトッピングにはベストマッチかもしれません。

  その他にはドライフール、寒天などもオススメです。    

■フルーチェダイットの方法と注意点

  ・まず、フルーチェで置き換えをするのは1日1食だけです。

他の2食はしっかり食べ栄養を確保し、極端な食事制限はせずに、継続していくダイエット法です。

・1日2食以上の置き換えはNG。

・効果が出やすい、オススメのタイミングは夜 ・他の2食で、ドカ食いをしいてはいけない。

・全体の栄養バランスにも気を配る

・こまめに運動もする(有酸素運動、筋トレと組み合わせるとさらに効果が期待できます)  

■まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上のコツや注意点を踏まえれば、短期間のちょっとしたダイエットや、飲み会や食事会など、食べ過ぎ飲み過ぎてしまった後の調整などにフルーチェ置き換えをするのがとてもおすすめですよ。

お値段も安いので、無理なく続けられそうですね! 夏を楽しむためのダイエットは、まだ間に合いますよ♪♪

最後に、ダイエットで大事なのは食べる量を減らす事や、◯◯だけ食べていれば痩せる!とは思わないことです。

毎食バランス良く食べて、一日で一番摂取カロリーが低くてもいい晩御飯時だけフルーチェ置き換えダイエットがお薦めです。

トッピングなども色々試して楽しんでトライしてみて下さい♪

最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

スポンサーリンク