【スポンサーリンク】


ダイエット中に食べても太りにくい夜食5選&太りにくい食べ方!

シェアする

ダイエットに励んでいて、どうしても夜お腹が空いてしまうことってありますよね…。

そんな時に食べても太りにくい食べ物は?太らない食べ方ってあるの?

効率よく痩せる為にも、こんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク




■なぜ夜食は太るの??

みんな子供の頃から「夜食べると太る」と言われてきたかと思います。
そもそもこれって本当なのでしょうか?

夜食べると太るとい言われるその理由を調べてみました。

・夜は代謝が落ちる

夕方18時以降は、人間の体の仕組み的にどうしても代謝が低くなってしまうようです。
代謝が落ちると、食べた物がエネルギーに変換されず、脂肪となってしまいます。

・エネルギー消費率も夜は落ちてしまう

夜になると食事を消化するために内蔵が活発に動きます。
その影響でエネルギー消費を助けるホルモンの動きが低下して、エネルギー消費率も落ちます。

・脂肪を溜め込むタンパク質が活発化する

22時以降には脂肪を溜め込むタンパク質の分泌量が増えてきます。
そのため、摂った食事は脂肪に変わりやすいです。

このように、夜は朝や昼と違い、体が脂肪を溜め込みやすく少しだけの食事でも余分なお肉になりやすい状態です。

■夜に最適な食べ物と食事の時間

・時間帯

夜22時以降は身体の働き的に脂肪を溜め込みやすくなってしまうのですが、
太らないための晩御飯は夜22時までに済ませるのが理想的です。

ご飯を食べてから寝るまでの時間が充分にあかないと、未消化分のものが脂肪に変わりやすくなってしまいます。

また寝ている間も胃や腸が動くことになってしまうので、質の良い睡眠を取ることもできなくなってしまいます。

ですので、夜20までに晩御飯を済ませられると良いでしょう。

どうしても難しい時は早い時間におにぎりなど軽めに炭水化物を取ると良いです。
こうすることで夜の空腹を防ぐこともでき、夜中の食べ過ぎなどを抑えることが出来ます。

・食べ方

急いで食べるのは一番良くありません。
回数を多く噛んで、ゆっくり食事をしましょう。

こうすることで、沢山噛んでいるので少量の食事でも満腹感を得られますし、消化も早くなます。

スポンサーリンク




・適した食べ物

ダイエット中の夜にに食べるべき食べ物の基本的なルールはこちら。

・低カロリー
・消化しやすい物
・温かい食べ物
・水分多めの物
・高タンパクなもの
・固くて食べにくいもの

食べた後消化しにくく、脂肪になってしまうのを防がなくてはならないので、このルールは守りたいところです。

また、柔らかくて食べやすい物などは食べすぎてしまうので、固くて咀嚼回数も増え、少量でも満腹感を得れるもんが望ましいです。

ここから挙げていくものは、前述の条件を満たしてて、夜食にしても比較太りにくく消化しやすい食べ物です。

・お味噌汁

低カロリー、温かく水分の多い物です。
大根、カブなどを入れれば咀嚼回数も増え、少量で満腹感を得られます。

・おかゆ

お米が食べたくて我慢できない時はおかゆは低カロリーでオススメ。
温かく、水分多め。消化もしやすいです。

・ヨーグルト

発酵食品は次の日の朝のお通じを良くしてくれる効果もあり、お夜食としても優秀。
最近だと脂肪分ゼロや高タンパクなものもあるので、夜食用にお気に入りのヨーグルトを常備しておくと良いかも。

・納豆

ビタミンBやイソフラボン、レシチンなど豊富な栄養素を含み、新陳代謝を良くしてくれたり肌荒れを改善してくれたり、効果がとても良いです。

食べ過ぎは危険ですが、1~2パックを食べるくらいならば影響はあまりなく、ダイエット中の空腹時に食べると良いでしょう。

・ゆで卵

低カロリーで高タンパクでおすすめです。
ちなみに卵は生卵の状態よりも湯でたほうが、良質な蛋白質を取りやすくなるので、生よりゆで卵がオススメ。

■まとめ

いかがだったでしょうか?

寝る前3時間は夜食をとらず、胃と身体を休めてあげるといいみたいですね。
いくらダイエット中途は言え我慢してばかりではストレスも溜まってしまうし、あまりもの空腹だと睡眠の妨げにもなってしまいます。

今回紹介した方法で晩御飯や夜食を上手くとって、ダイエットにつなげてください!

この記事が少しでもお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク




シェアする

フォローする